椿油とクシとドライヤーでのブローの仕方で髪を美しく。

一生使うと思う。。。椿油。

今回は美しい髪を保つためにやっていることについてです。

 

私の髪は太くて広がりやすいボリューミーな髪質なのですが、気にしてることは乾燥ですね。
今の季節などは特に乾燥してしまってパサパサと余計に広がってしまいます。
なので椿油は手放せません。

 

私は大島椿さんの椿油を使わせていただいてますが、
これをお風呂上がりにドライヤーをかけた後に2、3滴ほど手のひらに垂らして髪に伸ばしています。

これで髪がしっとりしてパサつきを防いでくれます。

 

あとは櫛ですね。
櫛にもこの椿油を丁寧に塗布したあと一晩くらいおいて馴染ませたものを使っています。

 

週2ぐらいで手入れをしてますが、やらないのとやるのとではとかしたあとの違いに驚きます。
髪が滑らかにまとまるのでスタイリング剤要らずです。私は木の櫛で使ってますがこれはおすすめです。

 

シャワー後のドライヤーも髪を痛めず、余計な乾燥をさせない為のコツがあります。
濡れた髪には直ぐドライヤーをかけるのではなく、乾いたタオルでよく水分をとってからにします。
パッティングといってタオルを両手に掛け、髪の毛をパンパンと優しく挟んで水分をとっていきます。
わしゃわしゃーと擦るのはNGです。

 

その後にドライヤーです。
初めは『強』で髪や頭皮から20pぐらい離し、小刻みに振りながらかけていきます。
約80%ほど乾いたら次は『弱』でしっかり乾かします。
乾かしすぎも痛みますが、乾き残しも痛んでしまうので丁寧にかけていきます。
最後は『冷風』で髪の毛の熱をとばして終わりです。

 

※ただ、これらの工程は全て低温トリートメントドライヤーで出来ますし、
その方が一切髪を傷めないのでそちらを使ったほうがおすすめです。
普通のドライヤーだとどうしても限界がありますので。

 

髪の毛が多かったり長いと大変な行程ですが根気よくやっていきましょう。
細々とめんどくさいなーというのが聞こえてきそうですが、自己流なのでご了承ください。
特別に手を入れなくても綺麗な方はたくさんいますが、私は残念ながらそうではありません。
髪は女性の武器になります。
明日からもっと綺麗になれるように頑張っていきましょう。